見る・遊ぶ 暮らす・働く

勢関が園児と交流 大相撲川崎場所をPR

園児に囲まれる勢関

園児に囲まれる勢関

  •  
  •  

 4月に開幕する大相撲川崎場所PRの一環で1月27日、力士・勢関が西大島ルーテル保育園(川崎市川崎区大島1)を訪問し、園児らと交流した。

勢関と手形をとる園児たち

 園児たちは勢関の到着前から、「今日お相撲さんが来るんだよ」と報道陣に話し掛けるほど楽しみにしていた様子。身長195センチ、体重165キロの勢関が登場すると、歓声を上げて出迎えた。

[広告]

 園児からの質問コーナーでは「どんな食べ物が好きですか」「どんな相撲を取りたいですか」などの声が挙がり、「肉が好きです」「勢いのある、前に進む相撲を取りたい」といったやりとりが交わされた。

 大相撲川崎場所は昨年4月、19年ぶりに川崎市とどろきアリーナで実現し、6000人以上が来場した。勧進元は、当時デーサービス事業を市内で展開していた織戸四郎さん。「高齢者のために何かできないか」と考えていたところ、地方巡業を提案され、川崎市スポーツ協会と共同で開催を決めた。社会福祉に力を入れており、他都市の地方巡業の2倍の福祉席を用意している。

 今年の川崎場所は4月13日に開催。チケットはホームページから購入できる。

  • はてなブックマークに追加