プレスリリース

この夏、横浜赤レンガ倉庫1号館で開催!「工藤ノリコ 絵本作家20周年記念 ノラネコぐんだん展」「猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」展覧会二連続開催

リリース発行企業:公益財団法人 横浜市芸術文化振興財団

情報提供:

横浜赤レンガ倉庫1号館では、人気絵本シリーズ「ノラネコぐんだん」の作者、工藤ノリコの絵本作家20周年を記念した「ノラネコぐんだん展」と、誕生から35年を迎えた「猫のダヤン」の新作原画やスケッチを紹介する「ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展」を開催します。 「猫は一生の伴侶」と語るほどの愛猫家・大佛次郎が生まれ育った横浜で、猫を題材とした2つの展覧会をお楽しみください。



工藤ノリコ 絵本作家20周年記念 ノラネコぐんだん展





“ノラネコぐんだん”は、工藤ノリコさんによる4コマ漫画「がんばれ!ワンワンちゃん」に登場するキャラクターとして誕生しました。その後、悪さばかりするけれど憎めない、8匹のノラネコを主人公にした絵本シリーズとして、多くの子どもたちに愛されてきました。天下無敵のノラネコぐんだんは、いろんなことに挑戦し、お約束の「ドッカーン!」の爆発シーンのあと怒られて反省…の展開を繰り返す、懲りない面々です。大人も子どもも、ノラネコぐんだんが巻き起こす大騒動にクスリと笑い、勇気をもらいます。
2019年は工藤ノリコさんが絵本作家デビューして20周年の年。「ノラネコぐんだん」シリーズを中心に、これまでの絵本作品の原画約200点や映像などを展覧します。会場ならではの、大迫力の“ドッカーン!”シーンもお楽しみに。
『ノラネコぐんだん パンこうじょう』より
『ノラネコぐんだん ふねにのる Noraneko Gundan’s going on board!』より






猫のダヤン35周年 ダヤンと不思議な劇場 池田あきこ原画展


(C) Akiko Ikeda/Wachifield Licensing, Inc.
作家池田あきこが35年間創り続けている、“わちふぃーるど”は、異次元にある不思議な世界。“アルス(地球)”とは異なる住人達が暮らし、妖精や魔女が活躍する魔法の国です。そんな“わちふぃーるど”に迷い込んでしまった猫のダヤンと、その仲間たちの物語を立体的に体感できる新しいスタイルの原画展が始まります。
入口ゲートをくぐれば、そこはもう、“わちふぃーるど”の世界。
描き下ろしの新作原画30点をはじめ、初期の絵本作品や歴代BABYダヤンなど約160点を展示。また、段ボールアート作品の巨大な「お祭り広場」では、劇場のように空が刻々と変化を見せ、“タシルの街”を体感できます。
革を使ったジオラマや、ギニョール劇場、ダヤンがとびまわるプロジェクションアートなど楽しさ満載の原画展をお楽しみください。
『タシルの赤レンガ』
『ひげの先から物語が変わった』
◎ 作家・池田あきこサイン会 8月15日(木)・25日(日)・31日(土) 各回14:00-
◎ ギャラリートーク 8月15日(木)・31日(土) 各回13:00-
◎ ライブドローイング 8月25日(日) 13:00-
※参加方法他詳細は展覧会公式サイト( http://www.nekono-dayan.com/ )にて後日公開予定です。
※ギャラリートークは会場内で開催のため、入場券が必要です。


  • はてなブックマークに追加