プレスリリース

引退車両「箱根登山鉄道107号」がカフェに生まれ変わります「えれんなごっそ CAFE107」9月8日オープン

リリース発行企業:株式会社鈴廣蒲鉾本店

情報提供:

●「えれんなごっそCAFE107」が、2019年9月8日(日)にグランドオープン ●今年7月に引退した「箱根登山鉄道107号」の車両内で軽食を楽しめる ●「かまぼこサンドウイッチ」「ちくわパン」など、かまぼこ店ならではの特製メニューを販売




 株式会社鈴廣蒲鉾本店(神奈川県小田原市 社長:鈴木博晶 以下「鈴廣」)は、箱根登山鉄道株式会社(神奈川県小田原市 社長:府川光夫 以下「箱根登山鉄道」)より引退車両「箱根登山鉄道 モハ1形107号」を譲り受け、2019年8月9日に鈴廣かまぼこの里内に設置されました。車体は新たな施設「えれんなごっそCAFÉ107」の一部として改装し、2019年9月8日(日)にグランドオープンいたします。

「えれんなごっそCAFÉ107」は、今年7月に引退した「箱根登山鉄道 モハ1形107号」で軽食を楽しむことができるカフェです。店舗とテラス、車両の3つのイートインスペースがあり、店舗でご購入いただいたメニューを車両内でもお召し上がりいただけます。

 メニューは鈴廣が手がける地ビール「箱根ビール」やオリジナルブレンドの「箱根珈琲」などのドリンクのほか、「かまぼこピンチョス」や「ちくわパン」「かまぼこサンドウイッチ」など、かまぼこ店ならではの特製メニューを取り揃えております。さらに、箱根登山電車をイメージした「登山電車ケーキ」もご提供します。鈴廣かまぼこの里限定で発売する「箱根登山電車かまぼこ」もお土産に最適です。

 「えれんなごっそCAFÉ107」は、箱根登山鉄道のある風景の中で、自然や歴史に思いを馳せながら地のご馳走を楽しんでいただくことをコンセプトにしたカフェです。「箱根登山鉄道 モハ1形107号」は、時代とともに姿を変えつつ「大正」「昭和」「平成」「令和」と100年近く走り続けた大変貴重な存在です。そんな箱根登山鉄道107号に刻まれた歴史を感じていただきながら、どこか懐かしく感じる空間で安らぎのひとときをお楽しみください。

【えれんなごっそCAFÉ107 詳細】


店舗名 : えれんなごっそCAFÉ107
所在地 : 神奈川県小田原市風祭245
営業時間 : 10:00~17:00
電話番号 : 0465-23-7373
開店日 : 2019年9月8日(日)
アクセス : 箱根登山鉄道「風祭駅」徒歩2分/小田原厚木道路「箱根口」IC出口すぐ
席数 : 46席(店内・テラスのみ※車両を除く)

●地ビールや地産の果実を使ったドリンク


箱根ビール(箱根ピルス/小田原エール/季節のビール・・・300? 各450円、500? 各650円
箱根珈琲(ブレンド) ホット/アイス ・・・350円
こゆるぎカフェラテ ・・・450円
箱根山麓紅茶(ホット) ・・・300円
小田原梅サイダー  ・・・300円
片浦レモンサイダー  ・・・300円

●かまぼこ店ならではのかまぼこアレンジメニュー
・かまぼこピンチョス 500円(3個入り)
かまぼこに季節の素材をのせて。ビールとの相性もばっちり。

・かまぼこサンドウィッチ 500円(日曜限定)
スライスしたかまぼこと新鮮な野菜のサンドウイッチ。

・ちくわパン 350円(月~土曜限定)
天然素材でつくられた鈴廣の「百年ちくわ」を使用。チーズ入り。

・シーセージ揚げパン/シーセージ焼きパン 各250円(月~土曜限定)
魚のすり身を使ったソーセージを使用。揚げパンはチリ味、焼きパンはプレーン味。

●箱根登山電車107号関連メニュー&商品



・登山電車ケーキ 700円
箱根登山電車107号の赤い車体はラズベリーとマンゴーのソースで再現。
チョコレートの線路を走る、見た目も可愛らしいカフェ限定ケーキ。


・登山電車かまぼこ(単品/3個入り
箱根登山電車107号のパッケージの中には、鈴廣のミニかまぼこ。かまぼこは天然素材を使用。
手頃なサイズでお土産にも最適。

【店内・車両内 詳細】

●店内から箱根登山電車107号を臨む
箱根の豊かな自然に溶けこむ木目を基調とした店内からは今年7月に引退した「箱根登山鉄道 モハ1形 107号」を眺めることができます。天気の良い日はテラス席もおすすめです。

【箱根登山鉄道 モハ1形 107号 詳細】
大正8年にチキ1形として登場したモハ1形。昭和25年頃に車体を木造から鋼製車体へと姿を変え、昭和27年には形式をチキ1形からモハ1形に変更。昭和32年頃にロマンスカーをイメージしたカラーに塗り替え、その後2両固定編成化工事などを経て現在まで100年以上運行されてきました。 103-107編成は走行時に独特な唸り音を上げる旧式の「ツリカケ駆動方式」が用いられる箱根登山鉄道最後の車両となり、大変貴重な存在として鉄道愛好家などを中心に注目されています。

  • はてなブックマークに追加