見る・遊ぶ

Bリーグ・川崎ブレイブサンダース連勝止まる アルバルク東京に「気迫」負け

第3Qで川崎の反撃に対応するアルバルク東京(撮影=加藤恵三)

第3Qで川崎の反撃に対応するアルバルク東京(撮影=加藤恵三)

  •  

 アルバルク東京をホームに迎えた9節第2試合が11月11日、川崎市とどろきアリーナで行われ、「気力と気迫」がゲームの勝敗を決し70-87で川崎ブレイブサンダースが敗れ、連勝が「5」でストップした。

2試合連続してスタートメンバーの藤井祐眞(#0)選手

 アルバルク東京のルカ・パヴィチェヴィッチ ヘッドコーチは、試合後の会見で「重要な試合をよく戦ってくれた」と選手をたたえ、「今日は気力で勝利した」と総括した。「20点差があっても点差が縮まる実力を持つ川崎。最後まで油断せずにリードを守った」と振り返った。

[広告]

 川崎ブレイブサンダースの北卓也ヘッドコーチは「アルバルク東京が第1クオーター(Q)から強度の高いプレーをした。流れがなかなかこちらに来なかった。一度、その流れが来かけたが、3ポイント(P)シュートを高確率で決められたことが、流れが(こちらに)来なかった要因。残念ではあるが切り替えて次節を頑張りたい」と話した。

 試合展開は、第1Qより気迫あるプレーで東京がリード。一時は逆転する場面もあるものの結果は15-25で10点差。第2Qも東京がゲームを支配し点差を18点まで広げて前半を折り返した。

 後半に入り、第3Qで川崎は反撃に出るも、アレックス・カーク(#53)選手、安藤誓哉(#3)選手らが活躍して点差を25点まで広げた。第4Qで川崎の反撃が始まるが、東京が適時に3ポイントシュートを高確率で決めて反撃を阻止。17点差でアルバルク東京が勝利した。

 アルバルク東京のルカ・パヴィチェヴィッチ ヘッドコーチは、「第3Qの序盤で川崎の反撃を砕けたことが大きい。気力が川崎を上回った」と分析。戦略面では、「シチュエーション」の言葉を用いて「相手の布陣に合わせてこちらが対応するすべを幾つか持ち合わせている」とした。

 川崎ブレイブサンダースは敗れたものの、チームは勝利する基調にあることは確かで、ニック・ファジーカス(#22)選手の復調、好調な辻直人(#14)選手、藤井祐眞(#0)選手の台頭など好材料も見られた。期待できる次節であることに変わりはない。