暮らす・働く

川崎の女性たちが子育て応援イベント 主催者「手作り品で街を元気に」

自作のハンドメード品のブースで、米澤さん

自作のハンドメード品のブースで、米澤さん

  •  
  •  

 川崎駅から徒歩7分ほどの東田公園(川崎市川崎区東田町)に隣接する「コミュニティーハウスさくら」で2月4日、ハンドメード雑貨のブースを中心に子育て中の母親が楽しめる企画を盛り込んだ「子育て応援サロン」が行われた。

雑貨を手作りするワークショップも

 同イベントを主催するのは雑貨を手作りする母親たちで2018年に結成された「川崎区盛り上げ隊!」。入学・入園シーズンを前に、レッスンバッグや上履き入れ、移動ポケットなどを並べるブースも多数出店し、新生活の準備に追われる母親たちでにぎわった。

[広告]

 団体をまとめる米澤奈緒さんは「私はこれ(裁縫)しかできないけれど、自分の得意なことでいろいろな人が喜んでくれるのはうれしい。子どものグッズだけではなく、大人の女性も気分が上がるような、キラキラとしてかわいいグッズを作るように心掛けている」と話す。「みんなが心を込めて作った手作り品で街が元気になれば」とも。

 同施設を管理する溝井直孝さんは、自身の法人で行う「姿勢チェック」のコーナーで参加してイベントを盛り上げる。「ここは広い公園の中にある施設なので、こういった親子で楽しめるイベントをもっと仕掛けていきたい」と笑顔を見せる。

 「川崎区盛り上げ隊!」の次回の子育てイベントは2月16日、東門前駅近くのholoholo(川崎区昭和2)で行われる「ハッピーツリー Oneday shop」。アロマワックスやキッズウオッチを手作りするワークショップなどを予定する。10時~16時。

  • はてなブックマークに追加