見る・遊ぶ

地区優勝目指し川崎ブレイブサンダースが7連勝 「神奈川ダービー」で横浜に白星

ヒーローインタビューにも登場したシェーン・エドワーズ選手(撮影=加藤恵三)

ヒーローインタビューにも登場したシェーン・エドワーズ選手(撮影=加藤恵三)

  •  

 男子バスケ・Bリーグの川崎ブレイブサンダースは、「神奈川ダービー」として対戦中の横浜ビー・コルセアーズを川崎市とどろきアリーナに迎え対戦し、83-76で勝利した。

エドワーズ選手と勝利を導いたバーノン・マクリン選手

 対戦した3月13日は、隣接する「川崎市等々力陸上競技場」で、サッカーの「AFCチャンピオンズリーグ」が行われ、等々力緑地は多くのスポーツファンでにぎわいを見せた。川崎vs横浜のゲームには、平日にもかかわらず3461人が観戦した。

[広告]

 横浜はスピーディな動きで、ブランドン・コストナー選手(#34)の3ポイントから攻撃を開始。アーサー・スティーブンソン選手(#33)、田渡凌選手(#21)、竹田謙選手(#25)が得点して18点。一方の川崎もシェーン・エドワーズ選手(#31)の活躍と、辻直人選手(#14)と長谷川技選手(#33)の3ポイントなどで17点を挙げて互角の展開になる。

 第2クオーター(Q)の序盤で横浜が先行するも、好調の辻選手が2本目の3ポイントを決めて流れを阻止すれば、これに応えてエドワーズ選手が加点。藤井祐眞選手(#0)の3ポイントをきっかけにして、マクリン、ファジーカス、篠山竜青(#7)の各選手が得点してリードする。

 第3Qで横浜反撃のきっかけを、連続2本の3ポイントを決めた橋本尚明選手(#7)がつくる。川村卓也選手(#1)、スティーブンソン選手の加点に続き、竹田選手の連続得点などで逆転し優勢に。これに対して川崎は、辻選手が3本目の3ポイントを決め、長谷川選手も3本目の3ポイントを決めて流れを取り戻した。

 最終クォーターで川崎の北卓也ヘッドコーチは、勝利を確かなものにすべく、エドワーズ、マクリン、ファジーカス、辻の各選手をほぼ貼り付けた布陣をとり、藤井と篠山の両選手が適時に加わる陣容で戦った。

 この手法について北ヘッドコーチは、試合後の会見で、「3人の連携した場合の効果を試してみた。十分にオンザコート3の練習ができていないので、前節に続いて長めに3人を出した。徐々にコンビネーションが良くなってきているのが収穫」と手応え。

 第4Qの展開は、ファジーカスからエドワーズ、藤井からマクリンの各選手への巧妙なパスも見応えがあった。最後に辻選手がこの日4本目の3ポイントを決めて勝利した。