見る・遊ぶ

武蔵小杉「コスギフェスタ」「まんなかフェス」が初のオンライン開催へ

毎年イベントが開催されていたこすぎコアパークから、今年はオンラインに場所を移す

毎年イベントが開催されていたこすぎコアパークから、今年はオンラインに場所を移す

  • 26

  •  

 「第10回コスギフェスタ×まんなかフェス2020 オンライン」が10月17日に開催される。

コスギフェスタ×まんなかフェス実行委員の打ち合わせ風景

 毎年東急東横線・武蔵小杉駅前にある「こすぎコアパーク」(川崎市中原区小杉町3)で開催されていた、両フェス。コスギフェスタは今年で10回目、まんなかフェスは3回目となる。どちらも新型コロナウイルスの影響で開催を危ぶまれていたが、両イベントが協力し合い、オンラインで同日に開催することになった。

[広告]

 ステージイベントは、大人から子どもまで楽しめる内容を、ユーチューブ上でプレミア公開する。ワークショップやハンドメード商品販売は、リアルタイムでオンライン会議ツールZoomなどで行われる。 

 コスギフェスタのウェブや印刷物のデザインを担当している本平基さんは「昨年は台風19号の影響で中止となり、今年も新型コロナウイルスの影響で開催のぜひについて実行委員会内でもさまざまな意見があった中、オンラインという新たな形で開催にこぎ着けたのは委員会メンバー全員の協力があってこそだと思う。ステージは世界中どこにいても見られるし、当日予定があって見られなくても後からアーカイブで見られるのもオンラインならでは。思い思いの場所で楽しんでほしい」と話す。

 まんなかフェス参加団体の一つ、宮前区の「mama-on!」に所属する阿久津麻実さんは、フェスのロゴなども手掛ける。「初めて参加した時は、どうなるんだろうと不安だらけだったが、終わった時にはみんなで肩を組み、涙を流していた。たくさんの子どもたちやお母さんの笑顔を見ることで、とても幸せな気持ちになった。今年はオンラインだが、家族みんなでおうち時間を楽しんでもらい、変わらず笑顔になって欲しい」とほほ笑む。

 開催時間は10時~16時。ホームページから詳細確認・申し込みできる。

Stay at Home