天気予報

30

22

みん経トピックス

川崎で富士通キッズイベント川崎で複合商業施設内覧会

川崎でオフロード版ミニトライアスロン大会 多摩川の自然を有効活用

川崎でオフロード版ミニトライアスロン大会 多摩川の自然を有効活用

普段は泳げない多摩川のコースを泳ぐことが出来る

写真を拡大 地図を拡大

 川崎市の多摩川河川敷(川崎市幸区古市場)で7月23日、ミニトライアスロン大会「XTERRA川崎 2017」が開催される。主催はXTERRA川崎実行委員会。

世界33カ国56地域で行われているオフロード版トライアスロン

 多摩川河川敷の自然を有効活用することをコンセプトに、自然の中で泳ぐスイム200メートル、不整地をマウンテンバイクに乗る5キロ、河川敷を走る2キロの、オフロード版ミニトライアスロン大会。

 「XTERRA」は1998年にハワイで誕生。スイム、マウンテンバイク、トレイルランの3種目を連続して行う競技で、自然と交わるスポーツとして世界で33カ国、56地域で行われている。

 「普段走ることのできないコースを体験することができるのが一番の魅力。川崎の持っている魅力を生かして自然を全身で体感してほしい」と同実行委員の知久末衣さんは話す。

 今月14日にはコースである多摩川や河川敷周辺を川崎市と協力して清掃する。参加申し込みは電話かファクスで受け付けている。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

「川崎」と言えばなに?

アクセスランキング