見る・遊ぶ 買う 暮らす・働く

川崎駅東口の洋品店でタイダイワークショップ 世界で一つの作品を

店頭で行われるタイダイ染め作業

店頭で行われるタイダイ染め作業

  •  

 川崎駅東口のセレクトショップ「OUTSIDE(アウトサイド)(川崎区日進町1、TEL 044-245-3980)」で6月17日と7月1日、「タイダイ染め」ワークショップが行われる。

ダイタイ染めで仕上がったTシャツ

 「タイダイ染め」とは、生地などを「Tie(絞る)」「Dye(染める)」工程を経て、模様を表現する手法。1960年代のアメリカでヒッピー文化の象徴的なファッションとして話題を呼んだ。

[広告]

 同店は、近隣のルフロン川崎店から移転し今年4月にリニューアルオープン。店長の渡邊信義さんは「以前はテナントだったので、このような企画ができなかったが、移転してきてから、いろんな企画を通してお客さんや地域の人たちと直に交流することができて楽しい」と話す。

 「タイダイ染めは出来上がってみないと、どんな作品ができるのか全く分からない。世界で一つしかない作品を自分の手で作るというのが醍醐味(だいごみ)」とも。

 店頭で行われた前回のワークショップが好評だったので継続して企画したという。世界を旅するタイダイアーティストの大森健史さんが講師として、Tシャツ、デニム、スニーカーなどを自身の手で染めることができるように指導する。

 両日共に開催時間は11時~。参加費は2,000円。