見る・遊ぶ

川崎でジャズの演奏聴きながらクルーズツアー 工場夜景を巡る

船上でジャズを聴きながら工場夜景クルーズ(写真=イメージ)

船上でジャズを聴きながら工場夜景クルーズ(写真=イメージ)

  •  

 川崎にある根本造船所(川崎区小島町9)を出発し、ジャズの演奏を聴きながら川崎市の工場地帯を巡るクルーズツアー「ジャズクルーズ」が10月14日・19日、開催される。

時間によってはサンセットも

 かわさきジャズ2018の一環として企画された。工場地帯とジャズの組み合わせは今年初めての試みで、ジャズの演奏とともに、お酒をたしなみながら臨海部の工場景観を楽しめる。

[広告]

 両日共にサンセットジャズクルーズ・工場夜景ジャズクルーズの2便を運航。演奏者は、14日が川崎市出身のサックス奏者「文梨衛カルテット」、19日が川崎市を中心に活動するポップインストユニット「style-3!」。

 イベントを担当する、川崎市観光協会の安永太郎さんは「川崎の工場景観とジャズ演奏が同時に楽しめて、軽食と飲み放題も付く。工場夜景は、間もなく完売。この時期、サンセットは夕焼けと工場夜景の両方が楽しめてお得。ぜひ参加してほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は16時~18時(サンセットジャズクルーズ)と、18時30分~20時30分(工場夜景ジャズクルーズ)。料金は5,500円(軽食とアルコールを含む飲み放題付き)。申込みは専用サイト、または電話(03-6866-9608)で受付。定員になり次第、受付は終了。雨天の場合も運行。荒天時・船のトラブルなど運行に支障が生じる場合は欠航になる場合がある。