3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

元住吉のベトナムサンドイッチ店にカフェスペース サイドディッシュなど提供

カフェの厨房(ちゅうぼう)に立つ店主の小坂さん

カフェの厨房(ちゅうぼう)に立つ店主の小坂さん

  •  
  •  

 東急東横線元住吉駅近くにあるベトナムサンドイッチ店「タオズ」(川崎市中原区木月2、TEL 044-982-3299)2階に1月16日、カフェスペースがオープンした。

ニョクマムのきいたグリーンサラダ

 2015(平成27)年にオープンし、手作りのバインミーをテークアウト専門で提供してきた同店。沿線にも周知が進み、週末の昼時には行列が絶えなかった。

[広告]

 「本当はカフェよりも先に2号店を出したかった」と笑うのは、店主の小坂由紀さん。たまたま店舗の上のスペースが空いたこともあり、要望の高かったカフェスペースをオープンしたという。

 「オペレーションを考えて、今はご飯ものなどを提供するのは控えている。ドリンクメニューやサイドディッシュを中心にお出しするので、下で購入したバインミーと一緒に楽しんでほしい」と話す。カフェの名前は特に決めず「タンハイ・タオズ(タオズの2階)」とする。

 サイドディッシュは「有機野菜入りグリーンサラダ&肉団子入り山芋のスープ」(880円)、「タオズの酢漬け野菜」(350円)、「厚揚げレモングラスのふりかけのせ」(390円)、「豚肉入り五目むし卵 なます添え」(500円)、「豚ばら角煮 ゆで卵入り」(800円)など。

 ドリンクメニューは「チャーチャン(ハノイ風ライムティー)」(480円)、ベトナム茶葉ポット(430円~450円)、ベトナムコーヒー(500円)などのお茶メニューのほか、ハートランド瓶(小=480円、中=580円)、ベトナムビール(500円~600円)、ベトナム産ワイン、レモンサワー、ハイボール(以上500円)などのアルコールメニューも。

 開店した頃からの同店のバインミーのファンという女性は「休日は元住吉まで散歩がてら歩いて、買いに来ていた。お店で食べられるチョイスができたのはうれしい」と笑顔を見せる。

 当面のカフェスペース営業時間は木曜・金曜の夜(17時~22時)と、土曜・日曜・祝日の昼(11時~15時30分)。

Stay at Home