見る・遊ぶ

バスケ・川崎の藤井祐眞選手がサッカーゲームに挑戦 医療現場最前線の人々を応援

eスポーツに挑む藤井祐眞選手。果敢でスピードのある攻撃で決勝トーナメントへ挑戦する。(撮影=加藤恵三)

eスポーツに挑む藤井祐眞選手。果敢でスピードのある攻撃で決勝トーナメントへ挑戦する。(撮影=加藤恵三)

  • 43

  •  

 川崎ブレイブサンダースの藤井祐眞選手(#0)が、神奈川県にあるプロスポーツリーグのチームが参加する「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」出場し、サッカービデオゲーム「FIFA 20(エレクトリック・アーツ)」に挑戦する。

「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」メインビジュアル

 医療現場の最前線で働く方々などを応援するチャリティイベント「One KANAGAWA Sports All-Star Cup 2020」。湘南ベルマーレ(神奈川県平塚市)、KPMGコンサルティング(東京都千代田区)、ディー・エヌ・エー(東京都渋谷区)の3社が推進し、神奈川県内の15のプロスポーツチームがeスポーツに挑む。

[広告]

 15チームは、5グループに分かれてゲームが行われる。1グループ3チームによる総当たり戦で、各グループ1位が決勝トーナメント出場する。川崎の藤井選手は、三菱重工相模原ダイナボアーズ(安江祥光選手)と横浜FC(武田英二郎選手)と同一のグループB。まずはここでの戦いを突破しなければならない。

 2019-20シーズンで「レギュラーシーズン ベストファイブ」「ベスト6thマン賞」「ベストディフェンダー賞」を受賞した藤井選手。eスポーツでの活躍が期待される。

 寄付には、1口10万円の「企業協賛」、3,000円.50,000円の価格帯で5つのリターンを用意する「クラウドファンディング」、視聴者が送付することができる有料メッセージ機能を利用して寄付ができる「OPENREC.tv内エール協賛」、モバオクにて出場選手サイン入りグッズのチャリティオークションを開催する「チャリティオークション」を行う。「かながわコロナ医療・福祉等応援基金」に寄付される。

 ゲームの模様は、グループステージ=5月30日16時~、決勝トーナメント=5月31日19時30分~。配信チャンネルはOPENREC.tv。

 【出場チームと選手】グループA=湘南ベルマーレフットサルクラブ(ロドリゴ選手)、ノジマステラ神奈川相模原(川島はるな選手)、横浜F・マリノス(遠藤渓太選手)。
グループB=川崎ブレイブサンダース(藤井祐眞選手)、三菱重工相模原ダイナボアーズ(安江祥光選手)、横浜FC(武田英二郎選手)。
グループC=川崎フロンターレ(旗手怜央選手)、湘南ベルマーレ(梅崎司選手)、Y.S.C.C.横浜フットサル(鈴木陽太選手)。
グループD=NECレッドロケッツ(島村春世選手)、横浜DeNAベイスターズ(上茶谷大河選手)、横浜ビー・コルセアーズ(田渡凌選手)。
グループE=SC相模原(水野晃樹選手)、ノジマ相模原ライズ(リー・ハイタワー選手)、Y.S.C.C.横浜(宮尾孝一選手)。