暮らす・働く

武蔵小杉サードアヴェニューにレンタルオフィス 「かわしん」店舗の一部を活用

MiD POINTの入り口はJR南武線の西口、東急東横線の正面改札口からすぐ

MiD POINTの入り口はJR南武線の西口、東急東横線の正面改札口からすぐ

  • 17

  •  

 東急東横線武蔵小杉駅直結のショッピングビル、サードアヴェニュー(川崎市中原区小杉町3)の北側区画1階に7月27日、レンタルオフィス「MID POINT」が開業した。

MID POINTの会議室

 川崎信用金庫が、地場の企業を支援できるような場所を作りたいという思いから、今回サードアヴェニューに新しく移転開業する店舗の一部をコワーキングスペースを備えたレンタルオフィスとして活用することにした。川崎信用金庫の松本歩さんは「地元の発展なくして自分たちの存在する意義はない。スタートアップの企業を支援したり、コミュニティーづくりに貢献したり、さまざまな形で地域社会の発展に寄与できたら」と話す。

[広告]

 運営は、レンタルスペースを既に都内で2店舗経営するコスモスイニシアが担当する。同社の瀬戸健二さんは「住みたい街に選ばれる人気のエリアで、職住近接をかなえるスペースとして注目され、かなりいいペースで申し込みが入っている」と話す。コミュニティーマネジャーという役割で、地域に精通したスタッフを採用して、利用者同士がコミュニケーションを図れる仕組みも導入している。

 1階にはキッチン、外部の来客に対応できるミーティングスペースと、地域との交流スペースとなる外部からの利用も可能なカフェラウンジがある。カフェは東中野と渋谷に店舗を持つコーヒーバー「ガレッジ」の姉妹店「コーヒー&カクテル ダンテ」が入り、アルコールメニューにも対応する。

 2階には1~3人用の小ブース、2人用のルーム、5人用のルームが用意され、コワーキングとして利用できるスペースがある。現在、利用者をホームページで受け付けている。

 「コーヒー&カクテル ダンテ」の営業時間は11時~21時。

Stay at Home