食べる

川崎競輪場で2年ぶりの「全国餃子まつり」 ギョーザで街に活力を

前回行われた川崎競馬場では2日間で10万人を集めた

前回行われた川崎競馬場では2日間で10万人を集めた

  •  
  •  

 川崎競輪場(川崎区富士見)で8月24日・25日の2日間で「全国餃子まつり in かわさき」が行われる。主催は「かわさき餃子舗の会」。

「かわさき餃子舗の会」が推している「かわさき餃子みそ」

 今回で2回目となる同イベント。前回行われた川崎競馬場では、2日間で10万人が来場した。同会は2009(平成21)年に「かわさき餃子みそ」を開発し市内の飲食店に販売を続けPRしてきた。さらなる活性化を図るべく2回目を開催することに至ったという。

[広告]

 各県のギョーザの会を誘致し、地域の餃子を体験してもらう狙い。神奈川県・川崎市、宮城県・仙台市、静岡県・浜松市、長野県・伊那市、三重県・津市、福岡県・北九州市、今回初参加の岡山県・津山市が参加する。ギョーザに合うクラフトビールも提供する予定。

 運営スタッフは「今回2回目となる開催。ギョーザみそで食べる川崎のギョーザをはじめ、今回初めての参加となる岡山県『津山ホルモン餃子』など、各地のそれぞれ特徴のあるギョーザを食べ比べてみてほしい」と話す。

 開催時間は10時~16時30分。

  • はてなブックマークに追加