3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ 暮らす・働く

バスケ「川崎ブレイブサンダース」6連勝 、渋谷に勝利 年始は韓国チームとの対戦も

ダンクを決めるスパングラー選手、18得点、11リバウンド、「ダブルダブル」 の活躍で勝利に貢献した

ダンクを決めるスパングラー選手、18得点、11リバウンド、「ダブルダブル」 の活躍で勝利に貢献した

  • 0

  •  

 B1リーグ戦第9節、川崎ブレイブサンダース(川崎)対サンロッカーズ渋谷(SR渋谷)が11月23日に平塚のトッケイセキュリティ平塚総合体育館で行われた。入場者数は2,148人。

試合後、選手たちがハイタッチでファンを見送り

 18得点、11リバウンド、得点とリバウンドで2桁を記録した「ダブルダブル」の活躍で勝利に貢献したスパングラー選手。第1クオーター、SR渋谷に先制を許すが、ディフェンスでプレッシャーをかけ、SR渋谷のミスを誘った。

[広告]

 24-17の7点リードで始まった第2クオーター。一時6点差まで詰め寄られるも、全員でパスを回してボールを共有して流れを渡さなかった。渋谷に連続3ポイントを許す場面もあったが、スパングラー選手が攻守にいい動きを見せてチームを引っ張り、87-71の16点差で勝利を手にした。

 試合後、北卓也ヘッドコーチは「9日間で5試合というスケジュールで、準備の時間もあまりなかったが選手がやれることをやってくれたと思う。次の土日の試合に向けて準備期間もあまりないが、しっかり準備して次に臨みたい」と意欲を見せた。

 チームは6連勝で変わらず首位をキープ。14勝3敗と2位の三遠ネオフェニックスとの差も3ゲーム差。次節は富山に乗り込みリーグ最下位の富山グラウジーズとの2連戦。

 2017年1月14日には国立代々木競技場第一体育館にて開催される「EAST ASIA CLUB CHAMPIONSHIP」にBリーグ代表として「川崎ブレイブサンダース」が出場することが決定。韓国のバスケットボールリーグ「KBL」に所属する、強豪「安養KGC」と対戦。

Stay at Home