フォトフラッシュ

社会的処方研究所のしくみを説明した模式図

社会的処方研究所のしくみを説明した模式図

  •  

川崎で「暮らしの保健室」を手掛ける一般社団法人プラスケア(川崎市中原区木月1)の医師、西智弘さんが現在、地域の人が持っている情報や活動を、悩んでいる人への「薬」へと変換する仕組みである「社会的処方研究所」の設立を目指して、クラウドファンディングを行っている。