見る・遊ぶ 暮らす・働く

Bリーグ川崎ブレイブサンダース初勝利 「神奈川ダービー」連勝で制す

会場の様子

会場の様子

  • 0

  •  

 とどろきアリーナ(中原区等々力1)で9月30日と10月1日、バスケットボールBリーグの試合が行われ、同施設を本拠地とする川崎ブレイブサンダースが横浜ビー・コルセアーズに連勝した。

 川崎にとってホーム開幕戦であり、同じ神奈川県のチームと対戦する「神奈川ダービー」となった30日は、川崎が横浜を87-85で下し今季初勝利を挙げた。観客動員数は3366人。

[広告]

 1日は第1ピリオドから川崎ブレイブサンダースが試合を支配し、辻直人選手によるスリーポイントシュートでリード。第4ピリオドに反撃される場面があったが、逃げ切って92-79で連勝した。観客動員数は3186人。

 1日の試合前には、川崎市民が多く在籍しているサムライ・ロック・オーケストラによるアクロバットパフォーマンスや、洗足学園音楽大学ミュージカルコースの学生たちによる川崎市歌の斉唱などのほか、川崎市を舞台にしたバスケットボール漫画「あひるの空」の作者・日向武史さんと川崎フロンターレの中村憲剛選手からのビデオメッセージを紹介。中村選手は「ダブル優勝を」と呼び掛けた。

 同チームの前身である東芝ブレイブサンダースは昨年度NBLで優勝しており、Bリーグ元年となる今年は初代王者と天皇杯優勝を目指している。試合後のヒーローインタビューで辻選手は、「この場所に5000人以上お客さんを集めるのが目標。優勝してとどろきアリーナが満員になるよう、チーム一丸となって頑張りたい」と意気込みを見せた。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース