買う 暮らす・働く

川崎のマルイが閉店 29年の歴史に幕

川崎東口で29年の歴史を刻んだマルイ川崎店

川崎東口で29年の歴史を刻んだマルイ川崎店

  •  

 川崎駅東口にある商業施設、川崎ルフロンの中心店舗であるマルイ川崎店(川崎市川崎区日進町1、TEL:044-245-0101)が1月14日、閉店する。

一か月間に渡って開催された売り尽くしセールの様子

 同店は、1988年3月に開業。ルフロンの1階~7階を占め、ピーク時の1991年には年商169億円を売り上げたという。近年は、西口に出来た大型ショッピングセンター「ラゾーナ川崎」や、武蔵小杉の再開発などの影響で客足が遠のき、売り場面積を縮小し、継続的な改装や店舗効率化をするなどさまざまな対応を行ってきたが、業績回復には至らず、閉店を発表するに至った。

[広告]

 同店長の水谷昌平さんは「永年にわたり、丸井川崎店をご愛顧いただいたお客様と、営業活動を支えていただいた皆様に心から感謝したい。29年間の営業を通じて、地域の皆さまに育てていただいたという実感がある」と話す。「少しでもこれまでの恩に報いることができるよう、最後の最後までお客さまを誠心誠意お迎えしたい」とも。

 先月14日から開催された売り尽くしセールには、閉店を惜しむ多くの客が訪れてにぎわった。最終日1月14日の営業時間は10時30分~18時30分。