食べる 暮らす・働く

武蔵小杉で「カレーフェス」始まる 16店舗を巡るスタンプラリー

「カレーフェス」のロゴステッカー

「カレーフェス」のロゴステッカー

  •  

 武蔵小杉で10月17日、「コスギカレーフェス2016」が始まった。

参加店「BAKASOUL ASIA」のグリーンカレー

 第2回となる同フェスではスタンプラリーのほか、21日の「コスギフェスタ」前夜祭に合わせてこすぎコアパーク(川崎市中原区小杉町3)で「カレーエキスポ」を実施する。

[広告]

 スタンプラリーには、「KOSUGI CURRY」「JAGA」「コ・ピーピー」「新丸子カレー工房パルコ」など武蔵小杉・新丸子エリアの専門店16店舗が参加。同フェスの冊子に用意された台紙にスタンプを集めると、集めた数によって賞品が進呈される。カレー店のほか「デリド」や「パン工房 LA BONTE」のカレーパンも対象で、30日までの期間中はハーフサイズやミニサイズのカレーを特別に用意する店もあるなど、回りやすい工夫がされている。

 「カレーエキスポ」には、「New Namaste Himal」「BAKASOUL ASIA」「Powers」「100時間カレーB&R」などの店舗が出店。17時より「食べ比べセット」を800食限定で販売予定。開催時間は16時30分~21時。同セットと、一般公募した「ハロウィン カレーレシピコンテスト」のエントリー作品への投票もスタンプラリーの対象となる。

 スタンプラリーは今月30日まで。冊子は各店舗および東急各駅で配布する。