食べる

新丸子の東急線高架下に新たに飲食店4店舗 東急電鉄「暮らしつなぐ場所」

新丸子方面から見た施設の外観

新丸子方面から見た施設の外観

  •  
  •  

 東急東横線、目黒線の新丸子~武蔵小杉間の高架下に6月6日、5店の飲食店が入る新たな商業施設(川崎市中原区新丸子町)がオープンした。

「ハライッパイ」のお通しはお代わり自由のかつお節

 「暮らし繋(つな)ぐ、いつもの場所」をコンセプトに東急電鉄(東京都渋谷区)が手掛ける同施設。日常的に利用しやすい施設として、高架下空間に新たなにぎわいを創出することを目的に、木目を基調とした温かみを取り入れるほか、夜も明るく居心地の良い空間づくりを目指したという。

[広告]

 今回オープンしたのは、フレッシュなチーズを楽しめるイタリアンレストラン「good spoon」(川崎市初出店)、野菜肉巻き串やかつお節かけ放題で話題の「ハライッパイ」(関東初出店)、川崎アゼリアに次ぐ神奈川県2店舗目となるビアダイニング「SCHMATZ Beer Dining」、和食居酒屋「えんがわ」の4店舗。

 日本酒バー「アテニヨル」(関東初出店)は今年の夏にオープンする予定。

 「ハライッパイ」では8日まで、オープニングのサービスとして生ビールを100円で提供している。店長の夏木拓郎さんは「今日は12時よりも少し早く店を開けたが、すぐに席がいっぱいになった。ランチタイムでもお酒を頼むお客さまが多く、新丸子の『昼飲み』需要に驚いている」と話す。

 オープン日に同店を訪れた新丸子に住む女性は「毎日ここを通るので、どんな店が入るのかと楽しみにしていた。ちょっと夕ご飯に寄れるような場所ができてうれしい」と話す。

 営業時間は「good spoon」=11時~23時、「ハライッパイ」=12時~23時、「SCHMATZ Beer Dining」=11時30分~15時(ランチ)、17時~24時(ディナー、土曜・日曜・祝日は23時まで)、 「えんがわ」=11時30分~23時。

  • はてなブックマークに追加