見る・遊ぶ

川崎ブレイブサンダースが必勝祈願と市長訪問 川崎vs宇都宮Bリーグ開幕ゲーム迫る

大本山川崎大師平間寺で必勝祈願(9月26日・撮影=加藤恵三)

大本山川崎大師平間寺で必勝祈願(9月26日・撮影=加藤恵三)

  •  
  •  

 川崎ブレイブサンダースは、10月3日に行われるシーズン開幕ゲームに向け、川崎大師への勝利祈願と川崎市長への表敬訪問を行った。

福田紀彦市長を表敬訪問(9月27日撮影)

 川崎地域だけでなく県外からも多くの人が訪れる川崎大師(金剛山金乗院平間寺)。9月26日に川崎ブレイブサンダースのメンバーとスタッフは、ゲームの勝利とタイトル獲得を期して必勝祈願を行った。

[広告]

 大本堂で「必勝の護摩祈祷(ごまきとう)」を行う導師は、中島隆栄 執事。本堂に響き渡る声で勝利を祈願。川崎ブレイブサンダースの「必勝だるま」も祈願に同行した。この日は、Bリーグの社会貢献活動「B.LEAGUE Hope」の一環で川崎ブレイブサンダースに入団した高見俊翔(しゅんと)君も参加。記念写真に収まった。

 翌27日。DeNA川崎ブレイブサンダースの元沢伸夫代表取締役社長、北卓也ゼネラルマネージャー、佐藤賢次ヘッドコーチ、ニック・ファジーカス選手、藤井祐眞選手が、福田紀彦市長を表敬訪問。佐藤ヘッドコーチは「優勝に向かって毎日ハードな練習をしている。来週からシーズンが始まるが1戦1戦全力で挑み、優勝目指して頑張りたい」と勝利への決意を言葉にした。

 福田市長は、「W杯でブレイブサンダースから篠山選手やファジーカス選手の2人が出場してすごく注目が高まり、日本全体としてバスケットボールが盛り上がりを見せた。市民の皆さんからバスケットコートが欲しいなどの話もある。オリンピックにつながる大切なシーズンなので勝ちにはこだわって、バスケット界全体を引っ張ってほしい」と話した。

 川崎ブレイブサンダースは、29日にグランツリー武蔵小杉において「川崎ブレイブサンダース2019-20シーズン出陣式」を開催。佐藤ヘッドコーチと全選手が登壇して、今シーズンに向けての決意表明を行う。

 10月3日はBリーグB1開幕ゲーム・川崎ブレイブサンダースvs宇都宮ブレックス戦が19時5分にティップオフしてシーズンが始まる。

  • はてなブックマークに追加