暮らす・働く

京急大師線「産業道路駅」の駅名が「大師橋駅」に 3月14日に6駅の駅名変更

2020年3月14日に「大師橋駅」に駅名変更される現在の産業道路駅

2020年3月14日に「大師橋駅」に駅名変更される現在の産業道路駅

  •  
  •  

 京浜急行電鉄は創立120周年記念事業として、沿線地域の活性化を目的に、2020年3月14日より大師線「産業道路駅」の駅名を「大師橋駅」に変更する。

「産業道路駅」にレンズを向ける人も多い(関連画像)

 併せて京急本線の花月園前駅を「花月総持寺駅」に、仲木戸駅を「京急東神奈川駅」に、新逗子駅を「逗子・葉山駅」に、空港線の羽田空港国内線ターミナル駅を「第1・第2ターミナル駅」に、羽田空港国際線ターミナルを「第3ターミナル駅」に変更する。

[広告]

 1944(昭和19)年に開設された産業道路駅。駅の東側で大師線と交わる「産業道路」(神奈川県道6号東京大師横浜線)から命名された。踏切などが多いため交通量の増大により地下化が進められていた。地下化区間工事は、東門前駅~産業道路駅~小嶌新田駅の手前まで980メートル行われ、2019(平成31)年3月2日の営業運転終了後に地下切り替え工事を行い3日の始発より地下での運行が開始。産業道路駅も地下駅となった。

 新しい駅名は、川崎と大田区を結ぶ架け橋である「大師橋」からネーミング。混乱を避けるために旧駅名の「産業道路駅」も表記されるという。駅名変更が発表されてから産業道路駅の駅名にレンズを向ける人も多くなっている。

SmartNews Awards 2019