3密を避けて新しい生活様式へ!

学ぶ・知る

川崎在住の料理研究家・菅野のなさんの「時短おやつ」の本が単行本として再刊

再刊された「みんなで食べたい時短おやつ」を手にする菅野のなさん

再刊された「みんなで食べたい時短おやつ」を手にする菅野のなさん

  • 194

  •  

 川崎市在住の料理研究家・菅野のなさんの著書「みんなで食べたい時短おやつ」が8月26日、辰巳出版(東京都新宿区)より再刊された。

10分で作れる「りんごケーキ」

 武蔵小杉にあるレンタルキッチン「Odekake Kitchen」(川崎市中原区小杉町2)を拠点に料理教室「ワクワクワーク」を開いている菅野さん。2015(平成27)年の12月に刊行した「子どもと食べたい時短おやつ」が15,000部というムック本としては異例の売り上げを記録し、この度単行本として再刊することが決まった。

[広告]

 菅野さんは「初版時のタイトルは『子どもと食べたい時短おやつ』だったが、今回は『みんなで食べたい』にタイトルが変わった。多くの子どもを持つ親の皆さんに愛してもらった本が、より多世代の人に手に取ってもらえるようになるのがうれしい」と笑顔を見せる。

 本の刊行をきっかけに、料理教室の活動も広がっていった。食を通じて社会課題を解決していきたいという菅野さんの理念に共感した人が本校講師として活動を手伝うようになり、認定講師は90人を超えるという。0歳から100歳までが楽しめる「よっといでマルシェ」の開催や、オンラインでみんなでおにぎりを握りながら、食の大切さについて話し合う「おにぎりキャラバン」など、バラエティーに富んだ活動は、県を超え、多世代に広がっている。

 菅野さんは「今の活動があるのも、この本が出版されて、多くの方が家にあるもので簡単に作れるおやつの作り方に共感してくれたおかげ。アレルギーを持つ子どもが安心して食べられる、手作りのおやつは必要とされているんだと思った。もっと多くの人に身近な食を通じて人生が豊かになる経験をしてほしい」と話す。

 A4・ムック からB5・書籍の形に変わるがレシピなどの内容は以前のものと同じ。「黒ごまきな粉のお麩(ふ)ラスク」(所要時間5分)「いちご豆乳ムース」(7分)「りんごケーキ」(10分)「簡単ピザ」(20分)など、ほとんどが卵と乳製品を使わず、10分~20分以内で作れる。

 本の刊行に関連して、料理教室でも特別講座を開く。9月1日は「おやつレッスン付きトークライブ」(10時30分~12時、教室参加=6,300円、オンライン参加=2,800円)、9月9日は「卵乳製品なしバナナケーキのオンラインデモレッスン」(15時30分~16時30分、参加費=1,000円)など。ホームページから詳細を確認・申込みできる。

Stay at Home