3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

9月3日はドラえもんの誕生日 川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムも9周年

足に9周年の刺繍があしらわれたデニムドラえもんのぬいぐるみ(©Fujiko-Pro)

足に9周年の刺繍があしらわれたデニムドラえもんのぬいぐるみ(©Fujiko-Pro)

  • 98

  •  

 ドラえもんの誕生日の9月3日、川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアム(川崎市多摩区長尾2)も開館して9周年を迎える。

カフェでは9周年特別メニューのオムライスも

 2112年の9月3日に誕生したとされるドラえもん。2011(平成23)年9月3日に開館した川崎市にある藤子・F・不二雄ミュージアムでは、毎年周年記念として特別企画を行っている。

[広告]

 8月27日には、職員の新型コロナウイルスの感染が分かり、バックヤードを含めた消毒作業のために3日ほど閉館する事態となったが、30日から再開し、通常通りの展示を行っている。

 同ミュージアム館長の宮野哲也さんは「ご迷惑をおかけしたが、万一の時の準備をしていたおかげで、最短で再開することができた。お叱りの声をいただくことを覚悟していたが、逆に心配や応援のメッセージを送っていただき、みなさまの温かさに職員一同感謝している」と話す。

 今年はドラえもんの連載開始から50周年ということもあり、同ミュージアムでは2月8日から来年の1月31日までという長いスパンで「ドラえもん50周年展」を開催中。加えて、9周年特別企画として、展示室IIでは「オール原画展示」を行う。写真撮影もこの部屋のみ可能とする。

 9周年のオリジナルグッズも充実させ、「藤子・F・不二雄ミュージアム限定 Fキャラ木製オルゴール」(1万3,970円)や「9周年デニムドラぬいぐるみ」(2,200円)、「9周年ピンズ」(550円)、「Hottokenai!NOBITAクリアフラットポーチ」「のび太の眼鏡ケース」(以上1,980円)などが並ぶ。

 宮野さんは、昨年の12月に同ミュージアムの館長として着任した。「9年前のグランドオープンの時には、展示・設計の担当として立ち会っていた。前日まで天候が荒れていて、当日青空が広がったことを思い出した。大変な時節ではあるが、しっかりと対策をして乗り越え、今後もみなさまに喜んでいただけるようにがんばりたい」と意気込む。

 開館時間は10時~18時。火曜定休(祝日は開館)。チケットは日時指定の予約制でローソンでのみ購入できる。9周年特別企画は9月14日まで。

Stay at Home