見る・遊ぶ 暮らす・働く

「KAWASAKI HEARTシート」始動 子どもたちをBリーグへ招待

子どもたちにバスケットボール観戦の機会を提供する招待席「KAWASAKI HEARTシート」が始動

子どもたちにバスケットボール観戦の機会を提供する招待席「KAWASAKI HEARTシート」が始動

  •  

 男子バスケットボールB.LEAGUEの「川崎ブレイブサンダース」(川崎区日進町)は、様々な環境にある子どもたちにバスケットボール観戦の機会を提供する招待席「KAWASAKI HEARTシート」を開始する。

クラブのビジョンを現したステートコメント「KAWASAKI HEART」

 川崎ブレイブサンダースでは、クラブのビジョンとして、「川崎市民と一体となったクラブを目指す」「地域に根差した活動、青少年の育成に寄与する」「バスケットボールを通じて地域社会を活性化させる」の3点を決定し、ステートコメント「KAWASAKI HEART」を設定している。

[広告]

 「KAWASAKI HEARTシート」の提供は、その一環としておこなわれる。きっかけは、「子どもたちにスポーツ観戦の機会を提供したい」という個人からの申し出と、川崎市内で活動する社会福祉法人とのマッチングをクラブが行い、昨年12月8日に高校生10人、9日に小学生10人が観戦しバスケットボールを楽しんだことから始まる。

 この成功を受けて、2017-18シーズン中に小学生から高校生の合計90人(人数には引率者を含む)をホームゲームに招待。バスケットボールの楽しさを体感してもらう。川崎ブレイブサンダースでは、「KAWASAKI HEARTシート」の活動に賛同するチケット購入者を増やし、招待先を拡大していきたいとしている。