見る・遊ぶ

川崎ブレイブサンダースがシーズン出陣式 「BE BRAVE」をテーマに優勝を約束

「BE BRAVE」コールをして出陣式をしめくくる

「BE BRAVE」コールをして出陣式をしめくくる

  •  

 川崎ブレイブサンダースはBリーグ3年目の開幕が迫る中、「2018-19シーズン出陣式」を行い、優勝へ向けた意気込みをファンに示した。

「必勝ダルマ」

 9月28日。ラゾーナ川崎プラザルーファ広場(川崎市幸区堀川町)には開演前から多くのファンが集まり満席状態で熱気に包まれた。会場には「必勝ダルマ」が設置され、ファンが川崎ブレイブサンダースへの応援メッセージを書き込んでいた。

[広告]

 出陣式は、川崎ブレイブサンダースのチアリーダーズ「IRIS」のダンスパフォーマンスでからスタート。北卓也ヘッドコーチから、優勝を目指すために「BE BRAVE」というクラブアイデンティティを設定したことが報告された。

 「BE BRAVE」とは、選手、コーチ、チームスタッフ、フロントスタッフと、ファンが一体となってBリーグを制覇し「川崎からバスケットボールの未来をつくる」という目標に向かって戦う姿勢を表すワード。北ヘッドコーチは「全員で話し合いながら設定した言葉」と紹介した。

 ファンが応援メッセージを書いた「必勝ダルマ」に、篠山竜青(#7)選手は「日本一」、北ヘッドコーチは「BE BRAVE」と書き必勝をダルマに託した。

 篠山選手は、9月24日に都内で行われた「B.LEAGUE 2018-2019 Season TIPOFF Conference」のチームを表す一文字で「新」と書き「新しい組織で新たな挑戦をおこない優勝を目指す」と決意を言葉にしていた。出陣式でもキャプテンとして選手を代表して、「目標は優勝のみ。プレッシャーに負けず、一戦一戦突き進んでいく。この会場で優勝報告会をやりましょう」とあいさつ。多くのファンに果敢に戦い優勝へ向かって激戦を戦い続けることを約束。全員で「BE BRAVE」コールをして出陣式をしめくくった。