見る・遊ぶ

「フェスタサマーミューザ」詳細発表 15周年記念公演「グレの歌」にも意気込み

フェスタサマーミューザKAWASAKI2019が行われるミューザ川崎シンフォニーホール

フェスタサマーミューザKAWASAKI2019が行われるミューザ川崎シンフォニーホール

  •  
  •  

 今年で15周年を迎えるミューザ川崎シンフォニーホールの「フェスタサマーミューザKAWASAKI2019」の実施に向けて3月27日、ミューザ川崎(川崎市幸区大宮町)で記者会見が行われた。

記者発表の様子

 フェスタサマーミューザKAWASAKIは2005年に「ミューザ川崎で『挑戦する夏』音楽祭」という旗印を掲げ、音楽祭をスタートした。15回目となる今年からは「首都圏のフェスから日本のフェスへ!」というコンセプトで、地方都市のオーケストラを招聘(しょうへい)する。第1弾は仙台フィルハーモニー管弦楽団に決定した。

[広告]

 記者発表では、集まった記者の前で福田紀彦川崎市長があいさつした後、日本オーケストラ連盟の名倉真紀さんと、指揮者の秋山和慶さんが今年のフェスタサマーミューザについて意気込みを語った。

 名倉さんは「今年で15回目ということで、続けている大切さを大事にしたい。今回もレパートリーの深さ・広さを感じる。パワーアップしたサマーミューザを楽しんでほしい」と話した。

 7月27日の東京交響楽団オープニングコンサートではジョナサン・ノットさんの指揮による、サンダーバードで幕を開ける。8月10日にはオルガニストのルドルフ・ルッツさんが、盟友だったジャズピアニスト佐山雅弘さんの追悼演奏を披露する。

 昼はシニア・ファミリー層向け、夜は本格的に、休日はロシア音楽を多く用意したプログラムとなっている。現在、本ホールは舞台設備改修のため休館中だが、7月1日にオープンする予定。10月には開館15周年記念公演として400人もの演奏者を必要とする大曲「グレの歌」の演奏を予定する。

 ミューザ川崎シンフォニーホールの竹内淳事業部長は「楽器の数が多く複雑なグレの歌に、もっともふさわしいホールはミューザなのではないかと、提案した。聴き応えがあるので、聴きに来てほしい」と呼び掛ける。

 「フェスタサマーミューザKAWASAKI2019」の開催期間は7月27日~8月12日。

  • はてなブックマークに追加