暮らす・働く

コトニアガーデン新川崎が1周年 多世代地域交流イベントで地域と共に祝う

コトニアガーデン新川崎で働く職員ら

コトニアガーデン新川崎で働く職員ら

  •  
  •  

 「コトニアガーデン新川崎」(川崎市幸区北加瀬2)がオープンから1周年を迎え、4月20日に「春のまちフェスタ 1st anniversary」を開催する。主催はジェイアール東日本都市開発。

秋のまちフェスタでも開催したてのひらアート

 店舗や賃貸住宅、高齢者サービス施設、保育園など多様な世代が集まる同施設。当日は、飲食販売をする「にぎわいマルシェ」のほか、ステージ、ワークショップ、子ども駅長制服撮影会などを実施。芝生ひろばでは科学者、しろう先生とシャボン玉を使って遊ぶ青空サイエンスを開催。秋のまちフェスタでも注目を集めた「てのひらアート」も行う。

[広告]

 川崎市夢見ヶ崎動物公園とのコラボ企画「ゆめみきたかせ謎とき体験ラリー」も開催。クイズに答えると景品が進呈される。

 ジェイアール東日本都市開発の木村美結さんは「今年で1周年ということで、コトニアガーデン新川崎のテナントそれぞれが、おもてなし企画を実施する。施設に入っているクリニックが集まって行うコトニア健康塾は、花粉症やむくみ、虫歯など気になる健康について、それぞれのクリニックの先生が伝授してくれる」と話す。

 木村さんは「保育園もイベントに参加してくれ、手作りおやつ体験やこま回しチャレンジなどを行う。地域の方々と一緒に祝い、子どもから高齢者まで楽しめるイベントなので、足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 開催時間は10時~18時30分。荒天延期、雨天決行。

  • はてなブックマークに追加