食べる

武蔵小杉にビストロ「Caliner(カリネ)」 乳児連れ安心の小上がりも

オーナーシェフの武部さん(右)と、店長の川嶋さん

オーナーシェフの武部さん(右)と、店長の川嶋さん

  •  
  •  

 ビストロ「Calineri(カリネ)」(川崎市中原区市ノ坪、TEL 044-863-9982)が4月2日、東急東横線・武蔵小杉駅南口の府中街道から一本入った市ノ坪交差点近くにオープンして2カ月がたった。

マグロアボカド丼ランチ(1,180円)

 12坪のL字型のスペースに、木の風合いを生かしたインテリアを配する。入り口近くに3人掛けの丸テーブル、2カ所に高さの異なる2人掛けのカウンター席、奥に小上がり席など、さまざまなニーズに対応できるという。

[広告]

 オーナーシェフの武部隆志さんは、武蔵小杉に住み2児を育てる父親。自分の住む街で子育て世代が通える店をという思いで店づくりをする。店名の「カリネ」はフランス語で「そっと寄り添う」という意味。

 「武蔵小杉には小さい子どもが多いのに、その子たちを連れたお母さんや、家族がゆっくりとお酒や食事を楽しめる個人店はあまりない」と武部さん。特にこだわって作った小上がり席は、「掘りごたつになっている部分に板を渡せばフラットになり、子どもを寝かせたままでも安心して食事ができる」という。

 ランチメニューは現在、6種類から選択。本日のカレーランチ(920円)、本日のパスタランチ(950円)などを提供する。本格的なランチコース(3,200円)も用意している。

 ディナーは、「美桜鶏レバーのペースト」(600円)、「青のりと魚介のアヒージョ」(830円)などの前菜をはじめ、「しらすのペペロンチーノ」(1,060円)、「トリュフカルボナーラ」(1,250円)などのパスタ、「オマール海老のグラタン」(半尾=1,680円、1尾=2,600円)、「和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み」(2,500円)などのメインディッシュ、ティラミス(650円)などのドルチェを提供する。

 食事に合うワインを選ぶのは、ホールを切り盛りする店長の川嶋將司さん。以前の職場で武部さんと出会い、接客の腕を見込まれて一緒に店を立ち上げることになった。「これまでの人脈を駆使して、良いワインをなるべくリーズナブルに提供できるように努めている。ぜひ一度足を運んでほしい」と呼び掛ける。

 営業時間は、ランチ=11時30分~15時30分、ディナー=18時~23時。第1日曜と月曜定休。

  • はてなブックマークに追加