天気予報

18

15

みん経トピックス

元住吉で「オズフェスタ」川崎・東田町にタイ料理店

「川崎駅東口を半額で楽しむ」クーポンブック発売 74店掲載、グルメ以外も

「川崎駅東口を半額で楽しむ」クーポンブック発売 74店掲載、グルメ以外も

厳選された店舗の特別メニューが半額で紹介されている

写真を拡大 地図を拡大

 読売IS(東京都中央区、TEL 03-5847-1938)は9月15日、地域社会と消費者がつながる本「プレミアムパスポート 川崎駅東口へ行こうよ」を発売した。

プレミアムパスポートの表紙

 「川崎駅東口を半額で愉(たの)しむ」「厳選74店舗掲載」「総額40万円以上お得になる」をうたい文句に、読者に地域の店舗に足を運んで体験してもらうことを目的に製作された同冊子。店舗に持参すると、掲載メニューが半額になるなどのサービスを受けられる。同社が手掛ける同内容の冊子の中では浅草と人形町に次ぐ3冊目。

 主な掲載メニューは、「天龍 銀座街店」(川崎区砂子1)の「五目焼きそばと餃子(ギョーザ)セット」(通常1,040円が520円)、「大陸」(川崎区東田町1)の「モヤシそば」(同700円が350円)、「WILD STOCK」の「ハンバーグステーキ200g」(同900円が450円)など。

 同社編集部の大和田遼さんは「川崎広域商店街連合会や川崎市中央観光協会にご協力いただいて、グルメだけではなく美容院やリラクセーション、フットサルや音楽教室など、幅広いジャンルのお店を紹介することができた。今まで知らなかった川崎の魅力に気づくことができる一冊に仕上がっているので、この本を持って川崎駅東口を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 A5変形判110ページで、価格は980円。丸善ラゾーナ川崎店、アゼリアの未来屋書店、有隣堂アトレ川崎店、紀伊国屋書店グランツリー武蔵小杉店ほか、川崎市内の書店と、読売新聞の販売店で入手できる。有効期限は12月14日。

グローバルフォトニュース

最新ニュース

VOTE

「川崎」と言えばなに?

アクセスランキング