食べる 買う 暮らす・働く

グランツリー武蔵小杉にコメダのコッペパン専門店 「やわらかシロコッペ」

店長の田中さん(右)とスタッフ

店長の田中さん(右)とスタッフ

  •  

 武蔵小杉のショッピングモール「グランツリー武蔵小杉」(川崎市中原区新丸子東3、TEL 044-411-7111)の1階に2月14日、コメダ(愛知県名古屋市)のコッペパン専門店「やわらかシロコッペ」が出店した。

「ポークたまご」を作るスタッフ

 同社のパン工場で作ったオリジナルのコッペパンの中に、ジャムやクリーム、卵やツナなど約20種類の具を挟んで提供するスタイル。しっとりとして柔らかな食感が特徴。オープンキッチンで調理している工程を見ることができる。全国で5店舗目、神奈川県では初の出店となる。

[広告]

 店長の田中一臣さんによると、武蔵小杉での売れ筋はスイーツタイプが「小倉&マーガリン」(250円)、おかずタイプが「たまご」(290円)だという。「親子連れの方が多く、屋上の庭園で食べるために気軽に好きな味を選んでテークアウトできるこの形態を喜んでいただいている」と話す。

 ほかに、「クッキー&バニラクリーム」「粒入りピーナッツクリーム」(以上250円)、「チョコ&ナッツ」「栃木産とちおとめいちごジャム」(以上280円)、「ツナ」(290円)、「ポークたまご」「ポークポテサラ」(390円)など、豊富なラインアップ。卵やポテトサラダに使っているからしマヨネーズは、普通のマヨネーズにも変更できる。

 同社広報の橘有紗さんは「勤務先や自宅でも気軽に楽しめ、価格もお手頃なので、ランチはもちろん、小腹を満たしたいときの軽食やおやつに利用してほしい。住みたい街として注目されている武蔵小杉で、さまざまなシーンでご利用いただければ」と期待をにじませる。

 営業時間は10時~21時。