食べる 見る・遊ぶ

JR川崎駅構内の「らーめん直久」閉店 常連客から惜しむ声も

入り口に閉店案内が貼り出されている店舗外観

入り口に閉店案内が貼り出されている店舗外観

  •  

 JR川崎駅構内にある「らーめん直久(なおきゅう) 川崎店」(川崎区駅前本町、TEL 044-245-4502)が7月8日、閉店する。運営は日本レストランエンタプライズ。

人気メニューの「八王子系直久らーめん」(490円)

 1914(大正3)年創業の「直久」は「支那そば」味を基本に「うまい・安い・早い」ラーメンが特徴。2009年4月に別会社から同社に運営を移行したという。

[広告]

 閉店は今後のJR川崎駅構内全体の再開発のためだという。系列店は着席型もあるが、同店は立ち食いスタイル(25席)だった。

 幸区在住の落合加代子さんは「他の店舗に子どもの頃から通っていた。駅に出店したのを知り、男性客ばかりのイメージが強かったが、足しげく通った。昔ながらのしょうゆラーメンが食べられなくなると思うと悲しい」と気を落とす。

 店長の狩野弘さんは「閉店告知を貼り出した後、多数のお客さんから惜しむ声をもらっている」と話す。

 同店の中でも人気メニューの「八王子系直久らーめん」(490円)は、鶏ガラスープで昔ながらの中華そば系のあっさりとしたしょうゆ味で、細麺にみじん切りした甘みのある玉ねぎがのる。

 狩野さんは「長い歴史の中で、ご愛顧いただいたことを改めて感じ、従業員一同、感謝の気持ちでいっぱい」と話す。

 営業時間は9時~22時。