見る・遊ぶ

U15バスケ 川崎は決勝トーナメントへの進出を逃すも大きな収穫

果敢に攻撃をする川崎

果敢に攻撃をする川崎

  •  

 「B.LEAGUE U15 CHAMPIONSHIP2018」が8月15日より大田区総合体育館(東京・大田区東蒲田)と片柳アリーナ(同・西蒲田)で始まり、「U15川崎ブレイブサンダース」は、第1戦で「滋賀レイクスターズU15」、第2戦で「京都ハンナリーズU15」と対戦した。

ディフェンスを突破する川崎

 滋賀戦では、第1クオーターからリードを許し点差を広げられる展開。川崎、初めての得点は三谷蓮斗(#20)。このとき既に第1Qの残り時間は5分を切っていた。続いて近藤亮太郎(#1)、中尾優斗(#3)、櫻井信之介(#2)が決めるも滋賀の猛攻を止めキャッチアップすることはできなかった。第1Q=11-18、第2Q=7-18、第3Q=11-18、第4Q=8-16となり37-70の結果となった。

[広告]

 川崎の第2戦は15時30分から「京都ハンナリーズU15」。スタートから京都ペースで加点され苦しいゲーム展開。京都は、プレッシャーをかけるオールコートプレスや、素早いプレーとトランジションを展開。ペースがつかめないず苦戦する。その中でも、常に声を出し続けてチームを勇気づけた吉井界澄(#4)の動きや、依田弦(#6)、渡邉豪聖(#7)、が際立った。疾風のごとく走り回った水品皓暉(#18)も注目された。

 第1Q=9-31、第2Q=10-19、第3Q=9-24、第4Q=18-24で46-98で敗退。予選リーグで勝利することなく決勝トーナメントへの進出はできなかった。

 京都戦を前に13時から、大田区総合体育館と片柳アリーナを中継で結び開会式が行われた。大河正明チェアマンが「バスケだけでなく勉学にも励むように。メリハリを付けて行くことが大切」とあいさつ。それが社会人として成長して行く上で大切と話した。ゲストとしてアルバルク東京の正中岳城選手が登場。「皆さんのプレーを見て刺激を受けた。仲間としてライバルとして、いっしょに思いを世界に向けていきたい。努力を積み重ねてチームメイトとともに前に進んで欲しい」と呼び掛けた。

 16日は、予選リーグ、決勝トーナメント、交流戦が行われた。