見る・遊ぶ

「ラストアイドル」が川崎ブレイブサンダースのホームで殺陣(たて)パフォーマンス披露

9thシングル「何人(なんびと)も」で本格的な殺陣を披露(写真提供=ユニバーサルミュージック)

9thシングル「何人(なんびと)も」で本格的な殺陣を披露(写真提供=ユニバーサルミュージック)

  • 16

  •  

 川崎ブレイブサンダースでは、川崎市とどろきアリーナに広島ドラゴンフライズを迎える10月17のゲームで、テレビ朝日の番組「ラストアイドル~ラスアイ、よろしく!~」とコラボしてアイドルグループ「ラストアイドル」によるパフォーマンスを披露する。

ラストアイドル(写真提供=ユニバーサルミュージック)

 これに先立つ9月23日の放送で、9thシングル「何人(なんびと)も」が発表された。今回のシングルでは、本格的で最高難度の殺陣(たて)に挑戦。指導したのは、映画「銀魂」シリーズや「進撃の巨人」のアクション監督も務めた田渕景也さん。本格的な殺陣を3カ月間練習。見どころは真剣さながらに力強く振り降ろす木刀と木刀のぶつかり合い。スリリングで迫力のあるアイドルの枠を超えた殺陣パフォーマンスは注目に値する。

[広告]

 川崎市とどろきアリーナでは、メンバーによる殺陣パフォーマンスと併せて、9thシングル曲「何人(なんびと)も」も初披露。このステージでは、選抜メンバー21人だけでなく、選抜外メンバーも出演しダイナミックにアリーナを独占する。

 ラストアイドルは、2019年3月に、今回と同じ「川崎市とどろきアリーナ」で行われた川崎vs北海道戦で「歩く芸術」を披露し喝采をあび、今回が2度目の登場。同年8月25日に「さいたまスーパーアリーナ」で開催された「バスケットボール日本代表国際試合」の日本vsチュニジアのゲームでもパフォーマンスを行っており通算3回目。

 パフォーマンス及び新曲披露は「ベンチ向かい側」を向いて行われる。写真撮影及び15秒以内の動画撮影は、個人での利用を目的とした場合に限り可能。ただし撮影は自席のみ。

Stay at Home