プレスリリース

“食”を通して社会課題の解決を目指す - みなとみらいの絶景を一望しながら社会、環境に配慮した食事で学べる ニューノーマルなレストラン

リリース発行企業:株式会社Innovation Design

情報提供:

「ひと と 地球 の未来を描く」をビジョンに掲げ、コンサルティング・物販・飲食事業を通して社会課題の解決を目指す 株式会社Innovation Design(本社:東京都千代田区/代表 石関 太朗)は、横浜市中区で運営するレストランKITCHEN MANEを、調達・環境・社会に配慮した料理のみを提供する持続可能なレストランとして、2021年1月13日からリニューアルオープンする。 フードコンセプトは「FOOD MADE GOOD PLATE」と称し、サステナブルレストランの基準に則ったメニューを提供し、価格はお客様に決めていただくスタイル。


KITCHEN MANE内装

食品ロスを軽減する目的から、メニューの詳細は決めず、今ある食材でお客様に喜んでいただけるよう日替わりで創造されるメニューは、福岡で400年以上続く老舗料亭で腕を振るってきた総料理長が一期一会のお料理を生み出す。


仕入れる野菜は、輸送によるCO2排出削減、地域活性化を考慮し、半径120km圏内の地産地消にこだわり、地元 横浜をはじめ、千葉の有機栽培・自然栽培を行う契約農家から直送される野菜のみを使用。物流に乗せられない規格外野菜も含めたお野菜を仕入れている。

有機栽培農家から直送される野菜

また魚は、食のトレーサビリティを考慮し、信頼する三重県二木島漁港の漁師から仕入れ、水揚げしたばかりの「安心・安全」な鮮魚のみを使用。通常は、市場に出回らない魚も全て仕入れる。
メニューは、三重から届く新鮮なお魚で作られた「トレーサビリティを追求した鮮魚の漬け丼」を始め、「有機野菜と平飼い卵の鍋焼きうどん」や、「フェアトレードスパイスのカレー」、ヴィーガンの方も楽しんでいただける「大豆ミートの飲むハンバーグ」など、これまでの飲食店の常識を覆す社会・環境に配慮したメニューを展開する。
コロナウィルスの感染拡大の影響により、飲食店をはじめ、生産者など「食」に関わる全ての人が窮地に立たされている今。今だからこそ、飲食店・生産者・消費者と、互いに手を取り合い、持続可能な社会作りを目指していく。
メニュー一例

Innovation Designが力を入れるのは、多くの消費者が社会的課題を学び、持続可能な社会への「きっかけ」を作ること。そして、社会課題解決の糸口を見出すこと。
日々の買い物の仕方を変えるきっかけ、環境問題について会話するきっかけなど、小さなきっかけが増えることで、社会課題を考え、行動を起こす人を増やしていくことが、地球の未来を変えられる第一歩だと確信している。

ひとりでも多くの人にきっかけを作ってもらえるように、メニューの価格を設定しない。
飲食店の新たな価値想像にチャレンジするため、価格はお客様に決めていただくレストランをオープンする。
“百聞は一見にしかず” Innovation Designのサステナブル な取り組みを是非、体験に来てほしい。

【店舗概要】
店舗名:KITCHEN MANE
所在地:神奈川県横浜市中区海岸通5-25-3-35F
電話:045-263-8571
営業時間:<朝食>8:00~11:00
     <ランチ>11:00~15:00
定休日:月曜日・火曜日
座席数:60席

【会社概要】
社名:株式会社Innovation Design
本社:東京都千代田区永田町2-10-2
   TEL.03-6805-1975
ホームページ:https://www.innovationdesign.co.jp/
代表:代表取締役 石関 太朗
設立:2010年10月1日
資本金:900万円
事業内容:サステナブルビジネス(コンサルティング事業・物販事業・飲食事業)

  • はてなブックマークに追加