食べる

武蔵小杉「サードアヴェニュー」にフードホール 3世代に向け店を選定

「3世代で楽しんで」と大森さん

「3世代で楽しんで」と大森さん

  • 41

  •  

 東急東横線とJR武蔵小杉駅近くの複合施設「サードアベニュー」(川崎市中原区小杉町3)1階に12月3日、フードホール「3rd Avenue Food Market」がオープンした。

3rd Avenue Food Market の外観

 「お酒も楽しめるフードホール」をコンセプトに、焼き鳥と日本酒の「黒まつ」、イタリアンとワインの「HENDRY」、インドカレーとビールの「Cobara hetta」、ステーキとクラフトビールの「Royal STEAK」、てんぷらと焼酎の「銀座かつら」、ジェラートとアイリッシュウィスキーバー「La Gelateiara」、韓国スープと韓国焼酎の「Kim Soup」、タイ料理とリカー「ソイ六本木」の8店舗に加え、新丸子で人気のパン店「Papapapa-n!」が入る。

[広告]

 運営を担当するヒト・コミュニケーションズ(東京都豊島区)の大森勇太さんは「武蔵小杉は3世代で住んでいる家族も多く、お酒の飲めるフードホールというコンセプトにした。店の選定には力を入れたので、子育ての話題をしながらも、大人同士でおいしい食事を楽しんでほしい」と呼び掛ける。

 すべての店舗でテークアウトに対応する。店内でメニューを選んでいた女性は「新丸子まで行かなくてもPapapapa-n!のブリオッシュが買えるのはうれしい。この時節なのであまり大勢ではなく、仕事帰りに一人で1杯、という風に利用してみたい」と話す。

 営業時間は11時~23時。