見る・遊ぶ

バスケ・川崎vs渋谷のゲーム前にW杯予選突破祝う 「お疲れさま」の声援がアリーナに響く

日本代表選手に花束申請のセレモニーに登壇した4選手(撮影=加藤恵三)

日本代表選手に花束申請のセレモニーに登壇した4選手(撮影=加藤恵三)

  •  
  •  

 川崎ブレイブサンダースホームゲームが3月2日に川崎市とどろきアリーナ(中原区等々力1)で行われ、サンロッカーズ渋谷との対戦前にワールドカップ2次予選を突破した日本代表選手に花束の進呈セレモニーが行われた。

エキシビションゲームら参加し花束を進呈した川崎、渋谷のU12の選手とともにフォトコールに応える

 川崎からは、篠山竜青(#7)、辻直人(#14)、ニック・ファジーカス(#22)。サンロッカーズ渋谷からは、ベンドラメ礼生(#9)の4選手が登壇。エキシビションゲームに出場していたU12川崎ブレイブサンダースとサンロッカーズ渋谷U12の選手より花束を受け取った。

[広告]

 この日は、観戦チケットが完売。満席のアリーナから4選手に「おつかれさま」「ありがとう」の声が響いて対戦ゲームに入った。

 篠山選手はゲームに先立ち、前日の1日に「(ワールドカップ予選直後の試合となるが)大きなケガもなく、しっかり切り替えて、コンディションは問題ないと思う。まずはしっかりここから勝ち星を伸ばして、中地区優勝を最初の目標に掲げてやっていく」と意欲を見せた。

  • はてなブックマークに追加