食べる

川崎の醸造家が日本初、ハチの体内酵母を使ったビール造りに成功

ゴールド・エクスペリエンスを眺める醸造技師の田上さん

ゴールド・エクスペリエンスを眺める醸造技師の田上さん

  •  
  •  

 川崎駅東口の「東海道BEER川崎宿工場(川崎区本町1)」が8月、マルハナバチ(ミツバチ科)の体内から抽出した酵母を使って醸造したサワービール「ゴールド・エクスペリエンス」の提供を始めた。

酵母を提供した酵母輸入業者代表のチャールズ・スチュワートさん

 ビールの特徴である酵母はノースカロライナ州立大学で発見されたもの。店に客として来ていた酵母輸入業者代表のチャールズ・スチュワートさんが同店醸造技師の田上達史さんに提供し、日本初の醸造に挑戦することになった。

[広告]

 参考にすべき前例がないビールのため、チャールズさんの情報から風味を想像し独自でレシピを作り上げたという。田上さんは「何といっても特徴は強い乳酸の酸味。それに加えてかんきつの香りとまったりとしたボディー感を楽しんでもらいたい。通常よりも発酵に時間がかかったがイメージ通りの酸味のあるサワービールが仕上がった」と話す。

 チャールズさんは「ゴールド・エクスペリエンスは、マルハナバチ酵母株を使用して造られた日本で初めてのビール。酵母株には、香りや味に違ったキャラクターがあるのが特徴。伝統的なランビックのようでありながら田上さんによって酵母の良さを最大限に引き出され、素晴らしく構成されたバランスの良いサワービールに仕上がった。田上さんの評判の良さや複雑に構成されたビールの素晴らしさから、パイオニアスピリットを持っていると感じ、ハチ酵母を試してくれるかもしれないと思い話をした」と話す。

 田上さんが青春時代に熱狂していたK-1のテーマソングが収録されたアメリカ人ロック歌手のプリンスのアルバムのタイトルからビールのネーミングを考えたという。

 夏季限定の提供で、価格はSサイズ=756円、Mサイズ=972円。無くなり次第終了。

 田上さんは「自分としては軽い気持ちで造ってみたビールだったが、SNSの発表後の大きな反響は想定外だった」と話す。同ビールを求めに遠方から訪問する客も多いという。

 店内はカウンター11席、テーブル4席と小さめ。江戸時代の和風な雰囲気と対照に無機質のステンレス製の麦芽を煮る釜やタンクを眺めることができる。日によっては田上さんが工場で醸造している姿が見られる。

 営業時間は17時30分~23時(土曜・日曜・祝日は12時~)。火曜定休。

  • はてなブックマークに追加