買う

武蔵小杉に冷凍食品専門店「ピカール」 欧州産小麦粉・発酵バターのクロワッサンも 

店舗の前に立つ小野倫子社長

店舗の前に立つ小野倫子社長

  •  
  •  

 フランスの冷凍食品専門店「Picard(ピカール)」(川崎市中原区新丸子東3)が6月26日、中原市民館の入るタワーマンション「ミッドスカイタワー」の1階にオープンした。日本では11店舗目、神奈川県では横浜ベイクオーターに続く2店舗目。

欧州産の小麦粉と発酵バターを使ったクロワッサン

 開店当日は、オープン前から行列ができた。近隣に住む主婦は「都内などでよく見かけていたが、生活圏内にお店ができて便利になり、うれしい」と話す。

[広告]

 開店記念として今月30日まで、クロワッサン・ミニエクレア・ミニパイの入った「ピカールセット」と、「リコッタチーズとほうれん草のカネロニ」「Bio野菜のラタトゥイユ」「レンジで!4種類のチーズピッツァ」「シェーブルチーズとほうれん草のラザニア」「白トリュフのタリアテッレ、クリームソース」の入った「ビストロセット」(以上、保冷バッグ付き3,500円)を各日限定50セット売り出しているが、午前中に売り切れる盛況ぶりを見せる。

 イオンサヴールの小野倫子社長は「冷凍食品は温度の変化に弱くデリケートなので、フランスでもお客さまの多く住むエリアに店舗を出すようにしている。武蔵小杉は住宅の密度も高く、毎日の買い物の選択肢として活用していただけると考え、出店を決めた」と話す。

 肉・パスタなどの主食が多く目に付くが「野菜類も使い勝手が良く、コストパフォーマンスも高くて人気がある」と小野社長。「全て露地栽培、栄養価の高い旬の時期に収穫、下ごしらえ後に急速冷凍しているので、一年中最適な状態の野菜を召し上がっていただける。試してもらえれば」と呼び掛ける。

 営業時間は10時~21時。

  • はてなブックマークに追加